読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆星のカービィ☆ブログ

カービィのブログです。可愛くてほっこりする写真をどんどん掲載していきます

新入社員の最初の壁「電話対応」3つの理由を知れば楽しくなる

新入社員に最初に立ちはだかる壁として電話対応が挙げられます。電話対応が苦手な人はとても多く、新入社員にとって最初の壁になるのではないでしょうか。

「上手く受け答えができず、上司や先輩に迷惑をかけるのではないか」「私の電話対応のやり方が悪く、社外の人に悪い印象を与えてしまうのではないか」など電話恐怖症になる方も多いようです。

 f:id:otsuyu25:20160720212652j:image

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

電話応対のルールとマナー [ 北原千園実 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/7/20時点)


 

 

私も最初の頃は電話がなるのが怖くかったですが、「なぜ新入社員に電話対応をするのか」を考えてみると目的意識ができて案外楽しくなるかもしれません。

ここで、新入社員に電話対応をさせる3つの理由について記載したいと思います。

 

◉電話対応くらいしかできることがない

言い方はきついかもしれませんが、事実です。実際新入社員は入社してすぐに仕事を預けられることはありません(職種や仕事の輻輳度合いによってことなりますが)

周りの人たちは自分たちの仕事をしているわけですから、その人たちの仕事遮断させないために新入社員が電話対応をします。

電話対応も立派な仕事ですので、与えられた仕事をしっかり丁寧にやることで信頼されるようになり、仕事をもらえるようになります。

逆にオドオドして電話に出ないと「こいつは電話対応もできないのか」とダメなレッテルを貼られる可能性があります。

自分なりにでいいので頑張ってみましょう。

 

 ◉コミュニケーションが生まれる

会社に入りたての頃は自分から職場にいる人に話しかけるのはなかなか難しいです。しかし、電話対応をすることでその職場にいる人とコミュニケーションをとることができます。 

電話対応をするためには、職場にいる人の名前を覚えなければいけません。「電話対応をするため」と目標が明確になっていますので、案外1〜2日で全員の名前を覚えられるものです。

電話がきたら「〇〇さん電話です!」「〇〇さんが折り返し電話欲しいといってました!」など、あまり話さない方たちと話す機会が生まれます

そこで一回話してしまえばこっちのもので、次回から自然と話しかけられる様になります。

 

◉電話に慣れることができる

 それは当たり前だろ!!!と言われるかもしませんが、これも理由の一つです。これは私が最近気づいたことなのですが、仕事のなれてくると自分から会社の人の電話をしたり、自分にかかってくることが増えてきます。そこで役に立つのが新入社員の頃から培ってきた電話対応の経験です。

相手の要件を聞いて、相手に要件を伝えて。この一連の流れがいつの間にかできるようになります。